部屋を借りる時のお金
基礎知識 部屋を借りるときのお金 家賃のトラブル 賃貸のトラブル 引越のトラブル 引越の基礎知識
引越しが決まったら 引越のスケジュール 便利メモ サインを見逃さないで 引越エピソード




■申込金(預り金)

希望の物件が決まったときに申し込み順位を確保しておくためのものです。キャンセルした場合、「返す、返さない」でふどうさん業者とトラブルになる場合がありますが、まだ契約が成立してい るわけではないので、全額返還すべきものです。

 

手付け金

契約の拘束力を強めるためのものです。したがって入居前であれば、借り手は手付け金を放棄することによって、契約を解除することができます。そして、入居後は家賃などの一部に充てられるの が普通です。

 

敷金

賃貸借の終了時に残っている借り主の債務(延滞している家賃や、損害に対する賠償債務)のため の担保で、最も問題になりやすいものです。退去時に、滞納した家賃や原状回復のための修繕費などとして精算されます。原則として、普通に生活していてつい た汚れや、日焼けなどの自然損耗については修繕義務はないとされていますが、特約により修繕修繕する事になっていればその契約に従うことになります。

 

保証金

保証金には、前述の「敷金」にあたるもの、「建設協力金」の性質を持つもの、中途解約による空室損失を補うためのものなどがあります。お金を支払う前にどのような性質を持つものか確かめることが必要です。

 

礼金

貸主への謝礼として支払われるもので返還されない場合が多いものです。

 

仲介手数料

仲介した不動産業者に支払われるものです。