家賃のトラブル
基礎知識 部屋を借りるときのお金 家賃のトラブル 賃貸のトラブル 引越のトラブル 引越の基礎知識
引越しが決まったら 引越のスケジュール 便利メモ サインを見逃さないで 引越エピソード




■家賃滞納をした場合部屋を追い出されるのですか?

 

家賃の滞納には「お金がない」「うっかり忘れた」などの理由が挙げられますが、どちらにしろ契約時の約 束を破っ たことにかわりはありません。借り手としては「多少支払いを延ばすくらいかまわないだろう」といった気にもなりますが、滞納した時または滞納せざるをえな くなった時、まず契約書を見てみましょう。たとえば、こう書かれていたとします。「借主は貸借料翌月分を毎月○日までに貸主に払うものとし万一壱回なりと も滞納せる際は敷金の有無に拘らず何らの催告を要せずして本契約を解除し借主は追い出すことができ、たとえ敷金を払っていても、借主は文句を言えませ ん。」とはいえ、遅れが出たら一度は催促するのが常識。「うっかり忘れていた」場合もあるし、支払う能力や気持ちのある人を追い出すことは、特別な理由が ない限り家主のメリットにはならないからです。裁判所に持ち込んでも、1回の、しかも多少の期間遅れを理由に即刻明け渡しという言い分は認められにくいよ うです。しかし、家賃の支払いは借主の一番重要な義務であることを忘れないでください!黙って払わないままにしておくの は非常識で家主からの信頼も失います。どうしても払えなければ、いつまでに払うかを支払い日前に連絡し、支払いを 忘れて催促された時にはお詫びを言うのがマナーです。

 

 

■なんと!家賃値上げ!?拒否したらどうなるのですか?

 

契約更改時に家主が家賃を値上げするのは一般的な慣習です。理由には物価の上昇などが挙げられ、この 時、値上げ 幅が近隣のアパート・マンション等の相場に比べて不当に高いようなら、家主に申し入れてみましょう。話し合いの決着がつかないまま家賃の支払い期日が来た 時は、従来どおりの家賃額に、値上げ幅として妥当だと思われる金額を上乗せして支払うと良いでしょう。それでも家主が不満を言って受け取らない時は、「供 託」という手段があります。 これは、受け取りを拒否された家賃を「供託所」に預けておく方法で、家主から債務不履行で訴えられることを防げます。新しい家賃が確定するまで続けた方が 良いでしょう。家主は家賃増額の裁判を起こす権利を持っています。もし 裁判になった場合は専門家に相談することをおすすめします。」